スーパー バイト 体験談

スーパーのバイト体験談9|ハード過ぎる

大学1年目の夏休みからバイトを始めました。
3年の今でも、バイトを続けていますが正直今すぐにでも辞めたいと思っています。

 

僕が担当しているのは鮮魚売り場です。

 

最初は仕事に慣れないのということと
周りの陰口が面倒だったのですが
半年程働くころには、しっかり鮮魚部門の一員として
働けるようになっていました。

 

ただ1年目と2年目は良かったのですが
3年目の今年は本当に嫌になりました。

 

2年目の時に2人もバイトやパートが卒業や
家庭の事情でいなくなっている中
人件費削減という理由から、全く人を雇おうとしません。

 

他の部署は人数が余っているくらいなのに
明らかに自分がいる部署は、人が少なすぎるんです。

 

さすがに人が少ないことに社員が不安を感じたようで
友達を誘えばすぐに雇うと言われ、後輩を3人程連れてきて
面接をしてもらいました。

 

が、店長が雇う余裕がないと断りました。
信じられません。

 

しかも、このバイトの最悪な部分は、
シフトを社員が管理してないので、バイトが好き勝手に決めます。

 

自由と言えば確かに自由なのかもしれません。
でも、そのせいで当日になってバイトが1人もいない日があり
急きょバイトを呼ぶこともがあります。

 

そして、その呼ばれるバイトはだいたい僕なんです。

 

そのせいで週4日から5日は当たり前のようにシフトに入ることになります。
僕はもう嫌気がさして今月で辞めます。

 

かなり前から言ってあったにも関わらず
今でも、鮮魚部門の募集をしていません。

 

一体何を考えているのでしょうか。
現在でも、人が足りていない中で一人辞めるわけです。

 

人件費削減は分かりますが、それであればどういう仕組みで
鮮魚が今の人数で回せるのか、上の人間に聞いてみたいです。

 

おそらく、上の人間は「それを考えるのがチーフの仕事」と言って
すべての責任をチーフのせいにするのでしょう。

 

この店、おそらく潰れると思います。
今のやり方でやっていると、働いている人が疲れすぎて
良いものを提供できなくなると思います。

 

お客様が減って、最終的には潰れるでしょう。
長文失礼しました。