スーパー バイト 体験談

スーパーのバイト体験談8|レジとのかけもちはしたくない

現在も現役で、惣菜のバイトをしています。

 

高校の3年間は惣菜で土日など、8時間勤務をしていると慣れて
高校を卒業すると同時に、何度かパートへの昇格の話もありました。
結局現在は、惣菜の夜のアルバイトをしております。

 

断る理由はレジなどをかけもってやると
一日の拘束時間が12時間を超える事が当たり前になってしまうからです。

 

一度、お試し期間みたいな形で、12時間働いた時は
確かに、時間が長いので稼げましたが
私にはハード過ぎて、身体を壊してしまいました。

 

うちのスーパーは、他部署との掛け持ちとか異動が多いらしいんです。
おばちゃん達も、ブーブー文句を言いながら頑張っています。

 

先日、主任の異動があったのですが、前の主任は私が若いからと
朝から夜までシフトに入りなさいとか、中抜けしろとか結構無茶苦茶なことを言ってきました。

 

仕事中も他のアルバイトやパートさんではなく
私にばかり雑用をさせたがり毎日ヘロヘロでした。

 

まぁ良い人なのは良い人でしたし、理解不能な行動をされるパートさんより
若い人にやってもらいたい気持ちも分からなくもないので
仕方がないと諦めていました。

 

主任が代わった今となっては、懐かしい良い思い出です。

 

今は夜だけでとてもラクさせてもらってます。
こんなことを言うものなんですが、これで時給830円はもらいすぎているかな?
って思うこともしばしば。

 

開店前の朝のように、急かされる事もありませんし、
見切りの裁量で、廃棄さえ出さなければ良いので、あとは遊んでいるようなものです。

 

ただ、他に夜出れる人がいなくて
安易にお休みをお願いできないのが、ちょっとしんどいですね。

 

なので、もうそろそろ辞める機会を伺っているのですが
果たしてすんなり辞めれるかどうかが非常に不安です。

 

たまに土日など人が足りなくて、製造に回ると片付けなんかより造る方が
楽しいなと思います。お米の炊き方や、巻き寿司等も教わることができたのでありがたいです。